工房でのものづくり

リデザインの家具は、
当店の工房で作られています。

Re-styleではオリジナル家具や雑貨を製作しています。

フレームや脚に鉄を使い、あえて節目の多い表情豊かな木材と合わせました。嫌われがちな木の節目もひとつひとつ個性です。 自分だけの家具を大切に使ってもらいたいという思いで、スタッフがひとつひとつ手作業で制作をしています。 数は多くはつくれないけれど温かみのある家具に仕上がっています。

オリジナル家具 -Re design Furniture

古いものもいいけれど、カフェやアパレルなどお店を始める方にまとめて商品をご提案できればという思いから、リスタイルのオリジナル家具は誕生しました。

Made in Japan, Made in Aichi.

愛知県春日井市に誕生する商品たち。多くは作れないけれどひとつひとつ丁寧に手作りしています。木材にこだわりハンドメイドで製作される家具は、温かみを感じます。

商品ラインナップ

PICK UP

ペイントおよび補修で中古家具をよみがえらせます。

中古家具をよみがえらせるために、ペイント・リメイク・補修もおこなっております。少し手を加えるだけで、全く違った印象の家具に生まれ変わります。

古いから、ダサいから、大きすぎるから、小さすぎるからといって、不要になってしまった家具たち。その命を捨てないで、新しい命を吹き込んで、新しいオーナー様のもとへと橋渡し。そうやって、物を大切にして、次の世代にまで使っていけるような「Re-design」家具。そんな、リサイクルを私たちはしていきたいと思っています。

ペイント

捨ててしまうのは簡単だけど… 色を入れることで新しいものに生まれ変わる商品はたくさんあります。古いものでも新しいものでも、ペイントして新しい命を吹き込んでいます。そうすることで、次の世代にまで使える家具になります。

リメイク・補修

ワクワクするものを追求して… 中古の家具を使うリスタイルだからできること。使えない天板と、古いアイアンのベースこれを組み合わせてみたらいいんじゃない。そんな提案からワクワクする家具が生まれます。思わぬ発見があるときも。

商品ラインナップ

REPAIR_ 買取りした家具を次の方にも大切にしていただく為に。

買取りをした商品をできる限りベストな状態にして、次の方に橋渡しする為に、当店のスタッフは、補修・リペアの勉強・実践も日々おこなっています。簡単な補修から、「さすがプロ!」といった複雑な作業まで、ここでは、補修リペアの様子をご紹介していきます。頑張れば、お客様自身でもできるかも!? 是非参考にしてください。

CASE_1革製品のロープ張り直し

お客様から買い取った革製品の中には、縫い目がほつれていたりロープが切れていたり、ボタンが取れていたりなど、商品によってお直しが必要な場合もあります。大切な革製品を長持ちさせるに、ていねいなメンテナンスが不可欠です。こちらでは、フレームと座面布を繋ぐ、切れてしまったロープの簡単なお直しの仕方をご紹介。

01.
補修箇所と構造を確認します。
02.
必要な道具を用意します。
03.
紐を何重にも穴に通すためにテグスなどを使い紐を針に通し、穴通しをおこないます。
04.
座面の張りやロープの締まり具合を確認します。

※ Re-styleにて買取り・販売した家具のみ補修しています。補修のみのご依頼は今現在お受けしておりません。ご了承ください。